アセットマネジメント

J-REIT、インフライールドコ(YieldCo)等の運用

いちごでは、J-REIT(いちごオフィス 8975、いちごホテル 3463)やインフライールドコ(いちごグリーン 9282)等の個人投資家にも安心して投資できる上場投資商品を扱っています。
J-REITにおいては、安定的かつ収益成長が見込める中規模オフィスやホテルによる特化型のポートフォリオを構築し、戦略的なバリューアップやきめ細かな物件管理を通して、持続的成長と投資主価値の向上を目指しています。これまで、J-REIT等の運用を通じて培ってきた不動産運用の専門知識と技術を生かし、幅広い物件ソーシング力、顧客のニーズを的確に捉えた商品開発、不動産技術を駆使したバリューアップ等の実現によって、運用力のさらなる強化を図っています。
現在運用しているオフィス特化型リートである「いちごオフィスリート投資法人」は、中規模オフィスに特化した投資運用により投資主価値の最大化を目指しており、J-REIT最長となる分配金の連続増配を継続しています。また、いちごでは、インバウンド需要の拡大等によりさらなる成長が期待されており、アセットの特性上、バリューアップ等の前向きな投資を実施しやすく、いちごの不動産技術を活かしやすいアセットタイプであるホテルを対象資産としたホテル特化型リート「いちごホテルリート投資法人」を2015年11月に上場し、投資家の皆様への投資機会の拡大を図っています。
また、2016年12月には、「いちごグリーンインフラ投資法人」が東証インフラ市場に上場しました。長期にわたる安定性と成長性の両面を追求したインフライールドコ(YieldCo)の運用を通じ、今後さらなる拡大が期待される「グリーンインフラ」という新たなアセットタイプへの投資機会を提供してまいります。

【いちごが運用するJ-REIT】