いちご米子泉ECO発電所

Ichigo Yonago Izumi ECO Power Plant

本発電所は、鳥取県米子市に建設されております。残土処分跡地を、米子市伯仙財産区より借り受けています。使用パネル枚数は、10,040枚、パネル出力は約2.61MWを予定しており、一般家庭約800世帯分の消費電力を賄うことが出来るメガソーラーです。

今日のECO発電量

kWh

今日のCO2削減量

kg-CO2
いちご米子泉ECO発電所の発電開始に関するお知らせ(2016年01月12日)PDF(329.5KB)

■概要

所在地 鳥取県米子市泉
利用面積 64,484 運転開始日 2016年1月12日
パネル出力 約 2.61MW パネル インリー製
パワーコンディショナー ABB製 施工会社 JFEプラントエンジ株式会社

ライブカメラで
現地の様子を
ご覧いただけます

【名物】

・鳥取県の西側、山陰のほぼ中央に位置
・東には「伯耆富士」とも呼ばれる国立公園大山、北に日本海、西には汽水湖として日本で2番目の大きさを誇る中海という、豊かな自然に囲まれている

米子市HP www.city.yonago.lg.jp

【ご当地キャラクター】

・米子市イメージキャラクター「ヨネギーズ」
・米子特産の白ネギと、Yonagoの頭文字「Y」をデザイン。ネギ太とネギ子の夫婦に、ネギポが産まれ3人家族に。

■MAP