いちご名護二見ECO発電所

Ichigo Nago Futami ECO Power Plant

本発電所は、沖縄県北部「山原(やんばる)」と呼ばれる自然豊かな地域である名護市二見に建設されております。事業用地を、名護市より借り受けています。使用パネル枚数は、32,144枚、パネル出力は約8.44MWであり、一般家庭約2,750世帯分の消費電力を賄うことが出来るメガソーラーです。 (日経BP「メガソーラービジネス」記事はこちら)

今日のECO発電量

kWh

今日のCO2削減量

kg-CO2
沖縄県最大の太陽光発電所「いちご名護二見ECO発電所」の発電開始に関するお知らせ(2015年02月02日)PDF(860.8KB)

■概要

所在地 沖縄県名護市字二見
利用面積 146,294 運転開始日 2015年2月2日
パネル出力 約 8.44MW パネル 東芝製・インリー製
パワーコンディショナー TMEIC製 施工会社 東光電気工事株式会社

ライブカメラで
現地の様子を
ご覧いただけます

【名物】

・ 名護湾、羽地内海、大浦湾
・「ひんぷんガジュマル(巨木)」、「寒緋桜」
・ ハーリー(伝統漁船)大会、北海道日本ハムファイターズ球団キャンプ地

名護市 www.city.nago.okinawa.jp/index.html

■MAP