顧客本位の業務運営に関する方針(いちご地所)

いちご地所株式会社(以下「当社」といいます。)は、心を込めて現存不動産に新しい価値を創造するという心築(しんちく)事業を担う不動産アセットマネジメント及び不動産関連有価証券に係る金融事業者として、「顧客本位の業務運営に関する方針」を策定・公表します。
また、当社は、この方針に基づく取組状況を定期的に公表していくとともに、必要に応じてこの方針の見直しを行ってまいります。

「顧客本位の業務運営に関する方針」に関する取組み (2020年3月~2021年2月)

  • 顧客の最善の利益の追求
    当社は、どんな場面においても、お客様との永続的な信頼関係を築き、高品質なサービスを提供することに集中します。そのために、当社は、誠実かつフェアな精神、高潔で謙虚な態度、高度かつ柔軟な専門知識を備えるための自己研鑽を惜しみません。
  • 利益相反の適切な管理
    当社は、利益相反の発生するおそれが高い利害関係者との間の取引等に関しては、事業検討委員会において「利益相反管理方針」及び「利害関係者取引規程」に定める適正な取扱いを審議し、これを遵守することにより、お客様の利益を不当に害することがないよう、万全をつくし、お客様の利益の保護を図ります。
  • 手数料等の明確化
    当社は、アセットマネジメント業務及び媒介・代理業務等の報酬・手数料を適正な水準とするため、業務規程において合理的な基準を定め、その内容をお客様が十分に理解出来るよう、適切な情報提供に努めてまいります。
  • 重要な情報の分かりやすい提供
    当社は、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズに応じて、お客様に提供する投資機会や業務サービスにおける収益、リスクその他重要な情報を、お客様が最適な判断が出来るよう、分かり易く提供することに努めてまいります。
  • 顧客にふさわしいサービスの提供
    当社は、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握することに努め、個々のお客様のニーズに適合する投資機会や業務サービスの提供に努めてまいります。
  • 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
    当社は、お客様の最善の利益を追求し、利益相反を適切に管理するため、役職員に対する研修を定期的かつ継続的に実施し、適切なガバナンス体制を整備することに努めます。

附則 2019年2月12日 制定